独学リラクゼーションセラピスト コットータン. (kottootan’s blog)

会話しぐさから悩み痛み癒す方法さがす。体内の地形、筋肉の感情の理解で疲労回復、最高のリラクゼーションを追及する研究所

イチロー越え?打率8割の施術で指名急増!その2

お疲れ様です。

 

前回の記事では とりとめのない思い出話に

 

脱線してしまって 僕のブログ作成時間が

 

タイムオーバーになってしまいました。

 

  ひたすら お客様のお体の ツライところ

 

張っているところ を 記録していたら

 

 指名が激増するような 発見をしたと

 

お伝えしました。

 

 自分自身が いまだ 痛む ぎっくり腰

 

の 痛みをかみしめながらも久しぶりに 物思

 

いににふける時間がもてたこともあり…

 

 表面からは見えない 人の 痛み 苦しみ

 

を 考える機会にもなっています。

 

 皆さんの 役にたつ情報になるのか

 

正直いうと 分からない部分もあります。

 

 あと この文面で 伝える難しさも

 

あるのですが とりあえず ここのところ

 

 施術も 若干セーブしているし その時間

 

使って 書いてみます。

 

 

 

この素晴らしい仕事を 志すセラピストさんの

 

なかで 「やっぱり甘くないな。向いてないの

 

かな。」 と 悩んでいる人がいるとしたら

 

 何か 役に立ちたいな。

 

と思い 僕のマル秘㊙️ノートから発見したと 

 

を公開してみようと

 

思いました。

 

 うまく 伝わらなかったら ごめんなさい。

 

何か別の伝える方法 を そのときは考えてみますね。

 

 

読んで頂いて そんな事なら 知ってたよって

 

思うセラピストさんも いらっしゃると思いま

 

すが…

 

 

 

 

 僕自身にとっては 時間を掛けて やっと気

 

がついた事なので 中には 良いヒントに

 

なると感じる セラピストさんも いるかも

 

しれないのでシェアできればと思います。

 

 

  あくまでも 私自身が 感じた

 

感覚的な事で 自分なりに 楽しみながら

 

研究した 内容を お話するものです。

 

そういう 見方もあるのか くらいに

 

読んで頂けたら 嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 では…

 

 

簡単に解りやすく説明すると

 

 右半身は カラダの中央寄りが

 

張っている パターンが ほとんどです。

 

前も後ろも。

 

 例えば 足なら 中指から始まって

 

そのまま かかと および甲に向かう ライン。

 

 

 

反対に左足はどうかというと…

 

 小指と薬指の間の 筋肉が張っていて

 

足裏も 甲の側も やってあげると

 

 よく効いて喜ばれます。

 

上に登って ふくらはぎも 

 

右は中央ちょい内側に 高い確率で硬く

 

張っている部分があり(ヒラメ筋の筋腱移行部)

 

左は 外くるぶしから膝の外側を結ぶラインに

(腓骨筋の膝からくるぶし)

高い確率で張りを確認できます。

 

 太もも も 同じで 右真ん中 ちょい内側

 (半腱様筋の特に中腹)

および 表も真ん中。

(大腿直筋) 

左は 外側と 内側です。

(外側広筋、内側広筋)

 臀部は   右が真ん中寄り(梨状筋の起始 停止)

 

 左は外側  

(大腿筋膜張筋.と大臀筋特に停止部)

 

左は 腰も 外側がパーンと張って

(広背筋、腰方形筋)

クビレが 無い感じに 見えます。

 

右半身は背骨寄りや 起立筋群。

こちらは  くびれが キレイで起立筋が

触り易いです。

 

肩は 右が後ろ寄り

(肩甲挙筋、小円筋)小円筋は特に

右が良く指に掛かり分かりやすく

効かせやすいです。

 

 

左肩は あばらの外側(前鋸筋、広背筋、大円筋)

 

肩関節の前側。(広背筋停止部)ココが張ってると

 

押した時キーンと痛いです。

 

 

あと胸鎖乳突筋の鎖骨側。これは張っていると

(左は特に張っています)

 

お客様に弱いです。とか、

 

感じないと言われる所です。

 

張りすぎて

 

指がトランポリンに弾かれた感じに

 

なっているせいで感じません。

 

 

どちらも

今 登って来た所(左)を やさしく ほぐして あげると

 

大きな変化があり分かりやすいです。

 

もう一度触ると

 

肩関節前面は緩んで 痛みが やわらぎ

 

胸鎖乳突筋はトランポリンの張りが

 

緩んで 指が弾かれなくなる為

 

よく 指が入りお客様の感覚がクリアになり

 

さっきの 3分の1位の圧力でも コツンと

 

筋肉に 届く感触が指先にあり 

 

お客様も もっと強く!とは おっしゃらなく

 

なります。

 

 

ビフォーアフターが分かり易く面白いですよ。

 

 

 

 

ひたすら お客様の カラダの張りや

 

喜ばれた 部位を 記録しつづけていたら

 

 ほとんど このパターンで あることに

 

 気がつきました。

 

それに 気がついてから なぜ そういうこと

 

に なるのだろうということを 考えたり

 

自分のカラダを使ったり 施術中も 意識して

 

お客様のカラダを 動かしているうちに

 

 まず 右足と 左足というのは

 

同じ見た目をしていながら 

 

ずいぶん 得意な動作が違うようです。

 

 右足は タテに 蹴るような 動作が

 

上手です。

 

 ボールを 蹴ったり  地面を蹴ってタテに

 

進むような動きです。

 

 そなかわり 横にくねる 動きをするのが

 

苦手なようです。

 

 左足は くねるのが上手いです。

 

考えてみれば 右利きの場合の 

 

野球のバッティング 

 

ゴルフのスウィングは

 

右足で蹴って 左足が 柔軟に横に

 

ひねる 様に 対応します。

 

 

 

サッカーのキックなどは瞬間の写真を見ると

 

 左足 が心配になるくらい 小指よりに

 

ひねられながら 踏ん張っています。

 

 陸上競技の長距離を やっている人の 脚を

 

さわらせてもらうと 右脚が 立派で前後が

 

張っています。

 

 多分、どのレースも トラックを 

 

反時計回りに走るので カーブの所は

 

 

右脚で前に進むパワー

 

を メインで出し 左足首は かじ取り役に

 

なるのかな? と 思っています。

 

 考えてみると 野球のランナーも

 

反時計回り。

 

 競輪も  スピードスケートも

 

反時計回り。

 

  なんか 今さら反対周りにされたら

 

かなり やりにくそうな イメージ。

 

  なんで 左に曲がりたくなるのか。

 

 左に曲がる 習慣のせいで

 

 足の役割分担が できたのか など  

 

分からないことや 謎が多く

 

色々面白くて 勉強しはじめたところなんですが……。

 

 つまり   

 

カラダの左右の特徴はかなり違う

 

ということと、

 

その違いかた自体は 結構多くの人に

 

共通して現れてもおかしくない という事が

 

 左回りの習慣や 

 

あらゆる設備や道具が右利きにとって 便利な

 

ように 作られていることを考えると

 

 なきにしもあらずだよな と

 

思えてきませんか?

 

 

とにかく 

 

 特に 短いコースで全身を マッサージして

 

欲しいお客様や 

 

 お客様自身が 全身重いのだけど

 

どこが 疲れているか分からなくて

 

説明できない などのとき 

 

 コットータン的 左右相違アプローチ作戦

 

を 使えば 迷いなく 

 

次々ヒットを放つ事ができ 

 

 お客様のうなり声と 歓喜のタメ息が

 

止まらない 打率8割越えを実現できるのです

 

 

 カラダの左右のベースが 違う以上

 

お客様が どこを 攻められても気持ちよさが

 

 止まらない状態に するためには

 

見た目の左右対象のラインではなく 

 

  ヒットしやすいライン

 

絶対にここ凝ってるから 張ってるから

 

 という ポイントを 次々とたどっていけば

 

打者である セラピストは

 

ピッチャーが 次どんな球を どのコースに

 

投げ込んでくるのか すへて分かった状態で

 

勝負をしているような ものなのです。

 

  

 最初は、分かりにくいかもしれませんが、

 

タオルをいつも 丁寧に背中にかけ

 

しっかりと圧をかけながら丁寧に軽擦をして体に

 

タオルを密着させます。

 

足まで行ったら 足の裏でも押してあげながら

 

よーく全体像を観察します。

 

この 一連の動作だけでも 他のセラピストとは

 

違う 気持ちの良さや 期待感を感じさせ

 

最初の5分未満で 延長をお願いされるケースも

 

出てきます。

 

ほとんどのセラピストがこの辺りを

 

ないがしろにしているので

 

序盤の5分はライバルが少ないと

 

言えるかも知れませんね。

 

 

分かりにくかったかも知れませんが

 

写真や図をどうしても私のインターネットのス

 

キルでは挿入できなくて…😡

 

結局 言葉だけに なってしまいましたが…

 

良かったら 試してみてくださいね。

 

 

 

追伸

 

まれに このパターンに ハマらなくて

 

みょうに 左右のバランスが対象的だったり

 

する お客様も いらっしゃいます。

 

  先日 僕のお客様でも 字を右手で

 

書いていたのですが それとなく尋ねてみたら

 

脚だけ 左きき なんですって方 が

 

いらっしゃいました。

 

 それと カラダが これだけ 左右違うの

 

だから 顔はどうなんだろう?って最近新しい

 

興味が出てきて…。

 

 プロ野球選手の 打つのも投げるのも

 

右か左と 決まっていると 僕が知っている

 

選手を色々検索する アソビをしていますが

 

 やっばり 全体的に 右の顔はシュッと

 

鼻の方に 寄って引き締まって見えるのに

 

対して

 

左の顔は 横に広がっているように

 

見えます。

 

あくまで 僕個人の 感想ですが…。

 

 これからの研究としては 野生の動物の

 

走りの、フォームなどから なにか ヒントを

 

探してみたいと 思っております。

 

 記事に関するご質問や それ以外の

 

お悩み相談など 職業不問で ココナラという

 

サイトで 有料ですが 受け付けています。

 

 出品者と サービス内容での 検索方法が

 

ありますが 

 

 出品者の側の検索入口から

 

コットータンで検索していただけると

 

出てきます。

 

良かったら そちらも ご利用ください。

 

 では また!

 

 

 

 

イチロー越え?打率8割の施術で指名急増!その1

 お疲れ様です。

 

先日 人生初のぎっくり腰で なかなか筋肉が

 

緩まなくてあせったり 将来に不安を感じたり

 

しながら スーパー銭湯の休憩室で 

 

ふと手にした スポーツ雑誌 number

 

 五十歳を過ぎてもなお現役を続けている

 

プロサッカー選手 カズ選手の特集や その他

 

ベテラン選手の記事が 沢山載っていて 

 

思わず涙しながら

 

あっという間に一冊読んでしまいました。

 

 

 

 

  リラクゼーションセラピストの

 

普段の施術は お客様のカラダが 切り口

 

ですが、

 

そこからその人のバックグラウンドにある 

 

人生の苦悩や 生き辛さを 

 

ちゃんと受け止めてあげられていたかなあ?

 

 などと 物思いにふけりながら……。

 

 

 ベテランといえば もう一人

 

今年の注目は 言わずと知れた イチロー選手

 

 メジャーリーグ開幕も楽しみです。

 

スポーツから 勇気をもらうことが多い僕が

 

リスペクトする選手の一人です。

 

 

 

 

野球といえば 中学校時代 野球部の僕は

 

膝のオスグットで3年間痛みと闘いながら

 

 ツライ青春の入り口を過ごしました。

 

試合に出れたのは 

 

 

敗戦濃厚な

 

 

最後の夏の大会の試合……。

 

たったの1試合 1打席でした。

 

 

期待のピンチヒッターなんかじゃない…

 

 

 一回も出さないのヤバイかな?

 

みたいな顧問の先生の「ハラ」が 

 

切なく心に染みる

 

ツライ 1打席。

 

こんな ピンチヒッターなら 

 

 「オレ 下手だから一回も試合にでれなかったわ!」って将来笑い飛ばすためにも

 

  出場ゼロの記録のほうが良かった…

 

なんて 本気で 思ったものです。

 

 

 

 

顧問は一年生の時の担任で

 

 練習はほとんど出てこない先生でした。

 

ヘラヘラしたキザな男で

 

好きになれなかった。

 

個人的にソリが合わなかった僕は

 

 どうでもいいことで

 

よく 殴られたりもしていました。

 

 

 

しかも 僕は中学校入学のタイミングで

 

 隣の県から引っ越してきたので 

 

僕には知ってる友達が誰もいない……

 

 当然 僕が そういう 境遇だという事情を

 

知っている生徒も周りに誰もいない。

 

 結構しんどかったのです。

 

 

当時 まだ プロサッカーもなく

 

 

野球が人気でしたから 

 

同級生が50人以上入部しました。

 

 話はちょっとそれますが…

 

 

まだ スポーツの最中に 

 

水を飲んじゃいけないという 今では信じられ

 

ない時代。

 

 でも スポーツドリンクが 出回り始めたの

 

も この時代です。

 

 スポーツドリンクとはスポーツの最中に

 

飲むドリンクじゃなくて

 

 スポーツマンが飲むドリンク

 

という 解釈でした(笑)

 

だから 練習が終わったら

 

 1リットルを 一気飲み(爆笑)

 

練習中に校舎の裏の水道で水を飲んでるのを

 

バレたりしたら 先生から 殴る蹴るなんて

 

当たり前の時代……。

 

どうか してますよね。

 

 そんな感じですから 3年生のころには

 

同級生が12名に なっていたんです。

 

今でもみんなの顔思い出せる。

 

この 仲間たちとの関係は良好でした。

 

僕の辛さもみんな 理解してくれていました。

 

膝の調子に波があるとはいえ

 

僕が試合に1度も出られない事にチームメート

 

も 納得が出来ない様子でした。

 

練習には 参加しない顧問も

 

対外試合での立場は 監督ですから

 

メンバーは 当然顧問が決めます。

 

 みんなと一緒に汗をかかずに試合のときだけ

 

プロ野球の監督みたいに ベンチから

 

かっこよく

 

カラダ中をセクシーに(?笑)さわりながら

 

ブロックサインを出します。

 

選手が 失敗すると ののしる……

 

いまなら 滑稽すぎて笑えますが、

 

当時はこんな教師に出会ってしまった絶望感

 

で イッパイで そんな思いが 伝わって

 

しまったのでしょう。

 

 

で 

 

対外試合は練習試合も出場ゼロ。

 

代打の1打席。3年間で1打席。

 

 

でも  

ヘタなくせに 僕はその時できる練習を考えな

 

がら、まじめには やっていました

 

膝のいたみが強くて 

 

みんなと 別メニューで自主トレ的な日も

 

多かったです。

 

 そういう まじめしか 取り柄がないという

 

のも…

 

 周りの大人は たたえたりしますが

 

多感な時代の 特に男子は

 

 死ぬほど 恥ずかしくて辛いんです。

 

結果が なにも でないときって…。

 

 まじめに 練習して結果は 出ないけど

 

「コットータンはまじめに頑張ってるぞ」

 

なんて 言われるよりも 

 

ちゃんと 試合で活躍して ヒット打って

 

 女の子にモテたほうが いいに 決まってるんです。(苦笑)

 

 だから 試合の翌日の 月曜日は 

 

結構 学校いくの しんどかったのを

 

思い出します。

 

誰かに昨日の試合のこと聞かれたらどうしよう…。

 

大人になっても しばらく人に話したくなか

 

ったものです。

 

 

 そんな こんなで、

 

ぎっくり腰も 膝の痛みも 

 

青春の苦い思い出さえも すべて

 

 肥料になってしまうというのが

 

セラピストの仕事の 奥深さであり

 

面白さかもしれませんね。

 

何も ムダにならない。

 

 

特に中学校時代の オスグットの経験は

 

今のような仕事につく きっかけの 1つにも

 

なった おおきな 出来事だったと思っています。

 

 僕の サッカー少年の息子も 今 

 

オスグットですが昔の苦い思い出を生かして 

 

 ケアをしてあげることができています。

 

先日は 海外遠征にも出かけ 全試合に

 

出場を果たしました。

 

 僕の頃は 傷口をさらに 攻め立てられる

 

ような 施術を複数の治療院でされていました

 

  もう 35年も前の話ですから仕方ありませんが……。

 

 今思えば とても 単純な思い違いの

 

当時の治療です。

 

  今と違って情報も 共有するのに時間が

 

掛かる時代でしたから…

 

すでに 良い治療をしていた 研究熱心な先生

 

もいらっしゃたんだとと思います。

 

  

 

 今の時代の常識も 時間がたてば

 

どんどん変わって あー!そんなことかって

 

思うような ことは たくさん出てくると

 

思います。

 

  だから 沢山 自分で考え 研究して

 

実験して データを集めて 少しでも

 

 人の役に立てたら嬉しい。

 

そんな 思いも 大好きな野球部で何の活躍

 

も チームに貢献も 出来なかった 

 

多感な少年時代の鬱憤(うっぷん)が

 

エネルギーになっているのかも知れません。

 

 長く現役を続けているアスリートの方々も

 

一見 他人からは ずっと華やかな人生に思わ

 

れていながら 何か過去の 悔しさが

 

エネルギーになっていることが 多いんだなあ

 

と numberを読んで感じました。

 

  

  僕は 高校時代に指圧の治療院の先生に

 

指圧を教わり 高校の文化祭で 

 

有料の肩もみサロンをやったりもしましたが、

 

 

  その後 料理の道に入り 20年以上…

 

 色々あって

 

多少 気分転換的な部分もあっての

 

セラピストデビューでしたが 思いのほか

 

ハマって 今 累計施術時間 14000時間位。

 

  

忘れっぼいのを カバーしようと

 

お客様に聴いたツライ部位などは 目の前で

 

いちいちメモして あとで ノートに清書する

 

 作業を 繰り返してきました。

 

次に また お客様が 来てくれたとき

 

役にたてば いいな 位の軽い気持ちで…。

 

 

 気がつけば 一番分厚い大学ノートに

 

15冊以上たまり……

  

  そしたら 一年半位前に とても

 

大きな発見をして……

 

  毎日書いているのに……

 

何で、今まで 気が付かなかったんだろう

 

ていう 位 

 

 面白い 人体のパターンを、発見しました。

 

 それから 指名数が急上昇したんです。

 

もしかしたら 同じ発見をしている人も

 

沢山いるのかも しれませんが……

 

 あまり ネットで検索したりしても

 

今のところ 同じものに出会っていません。

 

  似たようなことに 気がついている

 

セラピストさんや 治療家の先生もいるとは

 

思います。

 

  ただ いつも 全身を同じ体勢で やれば

 

こその 発見ということになると、

 

 リラクゼーションセラピストならでは

 

の 発見なのかもしれません。

 

  指名数が単純に実力とは 測れないとは

 

思いますが、

 

僕は周りと比べてスロースターターでしたが

 

 その発見から 一気にゴボウ抜き状態でした。

 

 デビューから4年たった頃のノートを開くと

 

どんなに頑張っても月のご指名が30本だったこ

 

とがわかります。

 

  行き詰まり感がありました。

 

  それが 今から3年前です。

  

いまのほうが 加速度が高く。

 

昨年末には倍増の100本に……。

 

 

  その発見とは……。

 

 

スミマセン ちょっと 

 

遅くなってしまったので🙏

 

また 次回に お話させて頂きますね。

 

 

 お疲れ様でした。😄

  

 

  

 

 

 

 

アゴが開かない😨 で人の役にたてた!

お疲れ様です。

 

腰を痛めて 一週間が経ちました。

 

固まって歩けなかった当初からしてみれば

 

だいぶ良くなりました。

 

でも まだ 施術中は痛い😖💥

 

 ただ こういうお仕事ですから たまに

 

痛い思いも これまた収穫のチャンスなのかな

 

とも 思います。

 

 カラダが痛いということは たんなる

 

フィジカル的な 痛みと向き合うだけではない

 

ことも 身をもって確認できたりして……。

 

 人にかけてしまう迷惑やお金(収入)に関する

 

あせり 不安…。

 

  改めて お客様目線をリアルに感じる

 

今日この頃です。

 

 楽になれば この辛さを 思い出す事のほう

 

が大変になるでしょうから しっかり焼き付け

 

ようと思います。

 

  さて、今回 腰が固まる前に 色々な

 

前触れみたいなものはありました。

 

 そのなかの 一つに アゴが開かなくなる

 

ということ。

 

 右のアゴでした。

 

そして 腰は 右が 痛い😖💥

 

 お風呂屋さんの大きな鏡に 身体をうつした

 

ら 右の乳首が 三センチ位  左より

 

下がってみえました。

 

  なのに、骨盤は 右が三センチ位 高く見

 

える。

 

  見るからに 異常事態という ゆがみ

 

でした。

 

  その後 サロンの スタッフさん達が

 

マッサージをしてくれたりして…

 

  どうやら 広背筋がギュッと縮んで

 

いることが 分かってきました。

 

  で

 

今日、来てくれた僕のお客様で 右のアゴ

 

が ゴリゴリ音をたてて違和感を 感じる

 

という 悩みを抱えている 男性のお客様が

 

いらっしゃいました。

 

  また、こういうことも 僕はよくあるんで

 

す。

 

 自分が 苦しんで 色々試したあとに

 

同じ苦しみの お客様 という パターン。

 

 この お客様は もう 10年くらい

 

アゴの違和感を感じていました。

 

 そして 最近特に ひどいので 昨日 

 

病院で レントゲンを とってもらったとのこ

 

と。

 

 顎関節症と 言われたけど とくに 治療は

 

できないとのことで 歯を食い縛るクセを

 

直しなさい。

 

 と 言われたそうです。

 

 僕は 彼が お正月から ジョギングを

 

始めて 今のところ しっかり 継続できてい

 

る。

 

 というところ に 目をつけてみました。

 

だいぶ 右の 腰のハリも 強く感じていまし

 

た。

 

  施術終了で 最後 座って 肩を

 

もんで あげながら 

 

 「ちょっと、右の下を向きながらお口パクパ

 

クしてみてください」

 

 って 言って やってもらったら、

 

あら😃不思議 

 

「あっ!スゴい楽です!」

 

「じゃあ 今度は腰を右に倒してやってみてく

 

ださい。」

 

  「えー!アゴがならない!なめらか!」

 

という 感じでした。

 

 これ 僕が 腰を痛めて アゴも開かないま

 

んまで 絶望的な 数日間を過ごしていたとき

 

に 試したこと。

 

 まだ アゴに少し突っ張りは ありますが

 

開ける恐怖感は なくなりました。

 

 痛くない体勢をとりながら 口をパクパク

 

して、 からだに 口をあけても 大丈夫と

 

安心させるように 折を見て 何度もやるうち

 

に普通の体勢でも、開けられるようになりまし

 

た。

 

  ちょっとした セルフメンテナンスを

 

アドバイスしてあげるにも 自分が経験した

 

そして 克服した 方法だと 

 

 だいぶ 自信をもって 伝えることが

 

できます。

 

  今回は 今までにない 腰の痛みの 

 

まだ 最中では あるのですが…

 

こういうときって

 

 絶好の セルフ人体実験の チャンスですよ

 

 と いう お話でした。

 

 しばらく 痛み続きそうで ブルー😖⤵️な

 

メンタルのなかにも、少しの幸せを感じること

 

が出来たひとときでした。

 

 

 

では、また!☺️

 

 

 

ぎっくり腰と生ビール??

お疲れ様です。

 今日はぼくが大好きなスーパー銭湯から

発信しています。

  実は ぎっくり腰になってしまいまして…

 

忙しい土日、僕のマッサージを楽しみにしていてくれた お客さまには 予約キャンセルして頂いたり、お疲れのところガッカリさせてしまっと思って反省しています。

 

 ぎっくり腰になる前は10年ぶり位に風邪で

発熱し寝込んでしまいました。

 熱が下がって 挽回しようと思って 復帰した矢先に 腰にイヤな感触が……。

 

 ズボンの脱ぎ着も ままならない…

 

あ~  困ったな~

 

僕を頼りにしくれる 老若男女のお客さまに

連絡をとって お休みさせて頂くことに…

 

 ぼくが 唯一自慢できるのは 担当している

お客様の人柄。

 

 皆さんお疲れの中 気がつけば

逆に 僕が ねぎらいの言葉を皆さんから浴びせられ……

 

「お大事にしてください。ゆっくり休んで下さいっ!」

 って どっちがお客様か分からない関係性に

 

 思わずグッと来てしまいました。

 

じっとしていると 固まって動けなくなります。

 

 

無重力状態の 大きなお風呂で ゆらゆら

したあとは 少し歩けます。

 

で スーパー銭湯に来たんです。

 

 朝イチで、お気に入りのスーパー銭湯に来て

カラダを緩めることにしました。

 車の運転もかなり腰が痛かった。

 

三時間位かけて お風呂で リラックスして

 まず 前半戦 終了。

 

気分もリラックスしたほうがイイんじゃない?

と思って…

 

スミマセン

 

予定外の 生ビール 注文しちゃいました。

 

 

 

来ました。 待ってましたー!

 

 

えっ!

 

 

僕 一人できてるのに

 

ジョッキが一つ

 

 

 

 

 

 

おしゃれなグラスビールが 2つ

 

次次とテーブルに置かれるじゃ

 

 

あーりませんか❗

 

 

タブレットで注文できるレストランなんです。

 

 

押したつもりないのにー😭

 

 

 

でも

 

 

おしゃれなグラスのビール うまかった~😆

 

フルーティーでホントに…

 

 

じゃなくてー😭

 

押してないって 言ったんだけど

 

気をつけてくださいねー😁だって

 

 

おいしかったから いいんですけど

 

三杯 いっぺんに 一人の僕に もって来られた 驚きと恥ずかしさで、急いで飲み干してしまいました。

 

 こんどから 店員さん 呼んで 普通に頼んだほうがいいかも。

 

 

皆さん お気をつけ下さいね😁😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセルとブレーキと誇りと

お疲れ様です 。😄

 

今日は とても寒いです。❄️⛄️

僕の サロンがあるところにも 雪が降りました

 

僕の家は 急な坂の ふもとにあり サロンからも 

遠いので

 

明日の朝 路面が凍結してオープンに 間に合わなかったらどうしよう。😥

 

大事をとって 明日の予約は 少し 遅い時間から 受け付ける ように していました。

 

しかし 時間が経つにつれ

思ったより 積もったりせず

 

天気予報も 大雪は なさそうだ と ニュアンスが 変わっていたので

 

通常通り の 時刻で 明日の 予約を受け付けるように 変更しました。😊

 

雪が積もらずに とれるはずの 予約を逃してしまう。😥

 

逆に 予約を受けてしまったが 通勤が困難で お客様に ご迷惑を おかけしてしまう。😨

 

どちらも 良くないので 判断が 難しいところですね。

 

大丈夫だ 行ってみよう! というアクセル と…😃

 

心配だ やめておこう というブレーキ と…😰

 

 

誰もが 両方 持っていると思います。

 

車にも アクセルとブレーキが なるように。

 

 

人間の 社会全体 を 見渡せば

 

アクセル的な人 と

 

ブレーキ的な 人 に

 

ざっくりですが 分かれる という見方も 出来ると思います。

 

アクセルだけでは 危険ですが

 

ブレーキだけでも 何も 始められない 。

 

どちらが 正しいと いうことでは ないのでしょう。

 

自分自身の中で アクセルとブレーキを 使い分けるぶんには 結果は 自分で 負えば 済む事ですからすから 気が楽です 。

 

ラクゼーションセラピスト はまさに

これを自由に操作できる 数少ない 業種 で

こういった部分も魅力の一つと思います 。😄

 

 

 

ただ 複数の人が集まれば 小さいながらも 社会 が でき

同じ事に あたる 時にも

アクセル役 になる人と

ブレーキ役になる人 に分かれたりします。

 

また 普段は アクセル人間 だと 思っていた人が ブレーキ人間 に変わることもありますね。

 

それはどういう時かと言うと

周りに アクセル人間ばかり が集まっていると ちょっと 危険を 感じる という 時に

本能的にとる 行動なのかも しれません。

 

自分が何かを 推し進めたい と 思っている人にとっては

ブレーキ役の人 は 時に鬱陶しく 思うことも あるかも しれません。😤

 

しかし 見方を変えれば ブレーキ役の 人が いるから こそ

 

アクセル的な人が 思い切って やりたいことを チャレンジできる と言う 見方も できると 思います。😄

 

そういう 意味では どちらかといえば ネガティブ的な イメージが ある ブレーキ役 ですが

 

社会には 必ず 必要な 役 割 であると 僕は 思います。

 

アクセル的な 人 ばかりでは 何かを 推し進めても 雑で ぐちゃぐちゃになって しまいがち な印象が 僕には あります。😥

 

様々な スポーツ競技 においても 攻撃が 得意な人 と ディフェンスが 得意な人 どちらも 必要な存在です。

 

 

 

ただ なぜか社会においては

互いの タイプの 違いを 認められずに

喧嘩になったり 争ったり してしまう ことも よく 有りますね。😰

 

それゆえに 自分に自信をなくしてしまったり

自分に 否定的に なってしまって

心が 疲れて しまう 。😷

 

そんな ところから 体調を 崩してしまったり 病気になってしまったり することも あるんだと思います。

 

僕のお客様にも どこか 自分を 認めることが できずに 自分の 性格や タイプ に否定的で 思い悩んでいる 人も 結構いらっしゃいます。

 

 

 

どんなに性能がいい 車のブレーキ さん も

「 僕はいつまでも ブレーキのままじゃ ダメなんだ」😥 なーんて 思われてしまったら ……

 

そんな車 怖くて 乗れません

 

やっぱり ブレーキは ブレーキとして 誇り高く 生きることで

自分も 周りの人も 幸せに することが できるような 気がします。

 

 

 

だから僕は そういう 自己否定によって

肉体的にも お疲れな お客様に 出会った時には

 

ただ励ますのではなく

 

お客さま自身が 自分の 存在価値に 気が付いて 頂けるような お話をさせて もらうように 心掛けて います。

 

 

 

ミスは 多いけど 思い切りがいい人…

 

接触性には かけるけど 堅実な人…

 

 

他にも色々な タイプは あるかもしれませんが…

 

 

みんなそれぞれ  家族やチームや職場や地域に

 

欠かすことが できない 存在で あることに

みんなが 気がつける 社会が いいね。😆😄😉😊😁😆

 

 まだまだ寒いけど 春はもうすぐ

 

 頑張りましょう!☺️

 

 では また……。

 

 

 

 

 

 

 

閑散期は仕入れの時期

お疲れ様です。😊

 

地方に、よっては春一番が吹いたようですね。

僕の住む町も 今日はとても穏やかなお天気。

   

 さて、あまり寒すぎても  逆に

快適すぎるお天気でも お客様の足が

遠のく 感じがするのは僕だけでしょうか?

 

 こんな ドップリ暇な閑散期は、実は

貴重な 仕入れの時期と僕はとらえています。

 

 仕入れるものの 量や 割合は 

 各セラピストさんによって違うと思いますが

 

主に 技術 知識 がメインでしょう。

 

セラピストさんによっては

 

 癒される感覚  おもてなしされる感覚

仕入れる貴重な時期だったりするかもしれません。

これが 在庫不足気味になってくると

 心から 人を癒したいという気持ちが

薄まって来る感じがします。

(僕だけかもしれませんが……)

 

 技術知識仕入が しっかりされて

いれば 満足して頂けるお客様も増えてくるでしょうしそれは 自分のモチベーションアップ

にも 直結するでしょう。

 

が、しかーし😰

 

 

 

イヤな予感?

 

 

 

 

なかには こんな時だからこそとばかりに 

同じスペースで働くセラピストに対する

悪口や ウワサ話 を仕入れて加工して

無料配布している セラピストの方も

極一部いらっしゃると思います。😱

 

  知識技術を 仕入れて 次なる

繁忙期に備えようとするタイプの

セラピストさんにとっては なんだかな……😥

 

と 感じるところかもしれませんが、

悪口 ウワサ業の方たちにとっては

この時期こそが 繁忙期なのだとスルーしてしまいましょう。😚

 

  もし 巻き込まれたら?

 

その時の気持ちも しっかり仕入ちゃって

下さい。😁

 

 僕たちセラピストに癒しを求めてくるお客様

は、 その様な 時には苦しい環境に身をおきながらも

日夜 奮闘されている方が たくさん

いらっしゃいます。😤

 

 最終的には筋肉に張りやコリをもたらすかも知れませんが…

 思うようにいかない社会だからこそ

 簡単なことも 簡単には出来ずに

 参ってしまった😵💧

 

 という お客様が多いと僕は感じています。

 

 なのでネガティブ体験の仕入もとても

有効なのです。😉

 

 が…

 

 この ネガティブ苦しみ系仕入

なかなか 難しいのです。

 仕入ておいた方が 人の気持ちに

寄り添いやすく 結果 良い仕事に結びつく

のですが…

 

  普段は その様なネガティブ系の仕入

に関しては、音楽やドキュメントなどで

済ませるように僕はしています。

 

 天然ものネガティブは リスクが大きく😰😡

体調を崩したりすれば赤字にもなりかねません

 

たまたま 手に入ったときだけ

しっかり仕入ておきましょう。

 お客様の気持ちをくみ取る力が倍増します。

 

これは 天然ものネガティブ体験の最大の

メリットだと思います。

 

 ひと昔前の リラクゼーションサロンは

うまく 表現できないのですが 少し

 華やかさと 言うのでしょうか?

レジャー的要素が 今より 強めだった

印象がありました。

  

  だから 疲れているから行くのだけれど

あまりにも 疲れている 元気が 無さすぎる

状態では 訪ねにくい部分が 今よりあったと思います。😥😰

 

 それが 今では…

先日も実際に 僕を指名してくださる

女性のお客様であったことですが……。

 

 いつものように お疲れでありながらも

この日を楽しみに来店してくださったのだな😊

 心地よく 楽しんで頂きながらも

明日への 活力を養ってお帰り頂けるよう

心掛けて 施術しよう!と 思いスタート。😃

 

 初めての ロングコースで身体の張り具合も

ちょっといつもと 違うなかな?

 くらいでしたが……

 

彼女のほうから 口を開いて

「実は 一週間前に家族が亡くなって、仕事はお休みしてたのだけど、味わったことがない

疲労感で……、あすから仕事復帰なのにこれではマズイなと…😢」

 

 と いうようなお客様を始め 様々な

経緯で お疲れになった、お疲れの程度や

状況も様々なお客様が おみえになります。

 

 なかには 母娘 で リピーターになって下さっていた お母様の方が 末期ガンになって

しまったが 僕のところに 行きたがっているので…

  と 「お医者さんの外出許可をもらって

つれていているんです。」というお客様も

います。

  それだけ、特別なレジャーから

日常的で身近な過ごし方として 老若男女に

根付きつつあると 感じています。

 

 明るい 楽しい 面白い ポジティブ……😊😄

だけで 対応するにはちょっと 不足。

 

 よく とらえれば どんなタイプの人も

セラピストとして活躍する可能性が出てきた

ということかも知れません。

 

 日々のお仕事は 楽しいことばかりでは

ないことも あるかもしれませんが

 それさえ この仕事では 

天然もののうまい食材がてに入ったくらい

 プラスに転じるかもっ!てお話でした。

 

 

PS  とはいえ あまり天然もの

仕入れたくないです。

  

普段、サロンでお仕事するにあたって

注意すると良い点など、とても分かりやすく

解説された記事を見かけたので 良かったら

読んでみてください。

 

はてなブログの セラピストの一歩一歩

スタッフ同士のコミュニケーションどうしてる?セラピストの悩み (2019年2月3日の記事)

という記事です

 

現役のセラピストさんが 書いた記事なので

とても リアルで僕もうなずける内容ばかりでした。

 

とくに新人セラピストさんや

これからセラピストを目指す人にとっても

読んでおいて損はない とても良い記事でした。

オススメです。😊😄

 

 では また

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、あのっ 辛いの腰なんですけど…😢

 お疲れ様です。

 お正月と三連休が終わって

少し ヒマになってしまったサロンも

あるのではないでしょうか。

 

 

 こんな時期こそ 次の波が来るのを

楽しみにしつつ 英気を養うなり… 

  知識をインプットするなり…

 

サイコーのスタンバイをするチャンスですね。

 

  さて

お客様に 気持ち良い だけではなく

 お帰りのお車、運転の時に 来たときと全然違う

スンゴイ楽だ!と思わず車内で独り言を叫びたくなる

 最高の施術をするために僕が心掛けている

事をお話したいと思います。

 

  まず サロンでの仕事に役にたちそうなことは ジャンルをとわず 楽しんで勉強してみることが一つです。

 

すぐに具体的な成果がでなくても

毎日の仕事が新鮮に感じる事が出来ただけでも

勉強を楽しむ事で得られる成果があると思います。

 

 その上で……

気をつけなければいけないこと……。

 

これを 間違えると 逆効果になります。😥

 

 

それは お客様は

  リラクゼーションサロンにご来店

 された ということ。

 

我々セラピストは、様々な勉強をした直後は、それを早く試したい、成果を出したい、という気持ちになります。

 

 

そういう気持ちになることは自然な事なので、

その事自体は否定しなくて良いと思いますが

 

 

大事にしたいのは

苦痛を解消する すべは 病院 治療院など

色々あるなかで

なぜリラクゼーションサロンを選択して

来店されたのかということを

意識することです。

 

例えば 治療家の人がなにを

考えて施術をしているのか勉強する事は

ラクゼーションセラピストにとっても

とても参考になると僕は思っています。

 

 その上で リラクゼーションサロンの看板

に 合った仕事をするという事が大事だと思います。

 

  素晴らしいリラクゼーションで

結果的に痛みが取れた。

という事もありますから… 

  

ラクゼーションをとおしてお客様の

苦痛を取り除くんだ。

という気概は 秘めていてもいいと思います。

 

 

ただ……

治してやってるんだから 私の言うことを

聞きなさいという雰囲気にならないように

注意が必要です。

 

 

例えば……

  腰がツラいんです!

と いったけど なかなか腰を 触って

くれない リラクゼーションセラピストに対して、聞いてたのかな?と

不安を感じ始めた お客様が

 

あの~、すいません😥ツラいの腰なんですけど

 

 と 勇気を出して再確認すると…

 

これは 肩からきています。とセラピスト。

 

  別のお客様は肩がツラいんですけど~

といえば、

  腰からきてます。と……。

 

 

お客様を楽にしてあげたい  という

思いから 勉強したことを生かして

貢献したいという 純粋な気持ちからだとおもいますが…

 

ラクゼーションサロンの良さはお客様から

してみれば、要望を聞き入れてもらいながら

施術してくれるところ ではないでしょうか?

 

腰をもんで貰いたいお客様に 

肩周辺の張りがあり 腰のツラさとの関連を

感じたときでも……

 

ある程度 お客様との信頼関係が築けるまでは

 

 触って欲しい腰に触れながら 

お客様の満足感からくる

ふ~~~☺️!の深い息を引き出してあげて

 

呼吸筋や肋骨まわりの筋肉もリラックスして

首肩さんも ゆるんでね ☺️。

 と イメージしながら 施術してみては

いかがでしょう。

 

 やって欲しい事をやってもらった満足感と

後味のよさ 両立できたら 嬉しいですね😃

 

ではまた……☺️